ふしだらな旋律-君の音色が俺を狂わせる

アキハルノビタ・uroco

俺がいつもこの部屋でセッ●スするのには理由がある。「アイツ」のヴァイオリンの音色が聴こえないと、興奮しない体質になってしまったのだ。ところが、そんな俺の行為を、本人に目撃されてしまった事から、運命の歯車が大きく狂い始める……。「アイツを汚してやりたい。」この想いの正体は――!?

「ホーム画面に追加」するとすぐアクセスできるよ!