パパと私、壊れた境界線―ケモノのように繋がる身体

石川トミー / 逢見るい

小春は幼い頃に、母の元彼の亮司に引きとられ、2人だけの家族として暮らしていた。しかし、あることをきっかけに、2人の境界線が壊れはじめ…。越えてはいけない一線を越えてしまった亮司と小春は、体液と愛液を混ぜ合わせ、ケモノのように求め合う。しかし、運命の悪戯はこれだけではなかった…。

#作品タグ

「ホーム画面に追加」するとすぐアクセスできるよ!