六王

ごめんなさい、諸事情により「どっちにしろ振られる運命」だったことは高生には内緒にしておいてくださいませ。キリッ

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話