あの日神さまがいた

十夜

♡ 39

第1話から読む

この世界にいる不思議な存在というは、ひょんなことから見えたり見えなくなったりするのではないだろうか。 記憶の片隅で、また思い出される日を待ちながら。