BESTミカヅキと酒の臭いと60

時枝四季

♡ 220

第1話から読む

1話読み切り。 表向きはBAR。だが泥酔店主の本業は、記憶さえ売れば何でも請け負う万屋だった。