この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

352

零ト壱

3話となります。キル君とばっちりですね。はは。
もし光と対話をする時、どんな気分でしょうね。(状況によっては複雑な気がする)
次回では登場人物が増えます。それにしてもこの子ら浮遊してるの好きだなぁ…(話の描写的に)

この話のタグ

次の話