この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

323

ツユキ

いつも読んでいただきありがとうございます。
応援のコメントをしてくださるかたには格別の感謝を申し上げます。
作家コメントを長々としてもほぼほぼ伝えることができない自分がもどかしく感じるため、極力短くしていこうと思います。
さて今回は早乙女さんのターンです。
古い年代の範疇に入るであろうボキャブラリーで申し訳ないですが、作者にはこれが表現の限界でした。
受け取り手が感覚にズレを感じるようでしたら、それはひとえに作者がそんな言葉が流行した年代に生きてきた人間のせい、と思っていただいて飲み下してやってください。

この話のタグ

次の話