この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

462

ツユキ

読んでいただきありがとうございます。
前回頂いたコメントで先生が毛嫌いされていてビックリしました。
元々キャラを立てず駒のように動かして成立させた作品なので、感情移入していただいたことにただただ驚くばかりです。
さて、今回の話で太っちょの小田君の1コマに色を付け忘れました。
が、ちょっとお絵描き環境が変わるために少しの間に更新ができなくなるため、今回の第二話を早めに上げさせていただきました。
これからもどうぞ、よろしくお願いします。

この話のタグ

次の話