この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

344

ツユキ

・・・ざわざわ・・・コメントいただいたから早乙女さんの髪飾りに色を付けたんだぜ・・・ざわざわ・・・
っていうことができる、と言う意味で読者さんとは仲良くしたいんですけどねー。
とはいえこの物語は既にストーリーは出来上がっていて、お話自体あるいは余分なエピソードを入れることができない作品なのですが。
それでも、うれしいコメントをいただければそれだけ更新する気が沸いてくる、それってWIN-WINじゃありませんか?
さて、当然ながらこの物語は作者が独り頭の中で考えたものなので矛盾が大小出てくるとは思いますが、それでもある程度の部分はこれからのお話で解消する場面があるかと思います。
これからもどうぞよろしくお願いします。

この話のタグ

次の話