この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

75

ツユキ

ご覧いただきありがとうございます。
稼業に閑古鳥が鳴いているため、マンガ描きに逃避中です。
このお話もSSで書いたときはそれなりにしっくりきていたのですが、マンガにするとなんか・・・不完全燃焼感があるのですが、いかがでしたでしょうか?
ついこの間、「コミコは女性読者が多い」ということを知りまして、「あ、自分の作風、完全にアウェイだ」と思ったりしました。
次の長編はファンタジーか業界モノをしようかと思っていたのですが・・・学校モノが無難な気がしてきました。
とはいえ、しばらくは短編で気楽にやっていくと思います。
お付き合いいただけたら幸いです。

この話のタグ

次の話