この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

68

ツユキ

純愛を、純愛を描きたかったのです。
ご覧いただきありがとうございます。
見返してみれば前回の作者コメントでは、コメントクレクレというか構って構ってというか、そんな感じになってしまっていたかなと反省しております。
さて。
「浦島太郎が老人にならなくてはならない理由」を考えたとき、この話を思い浮かんでかなりアハ体験だったと記憶しています。
実際SSにして投稿したときは評判良かったのですが、今回マンガにしてみて「構成の難しさ」が沁みました。
・・・内容通じてますかね?
さてさて。
この話を小説で投稿したとき、とあるコメントをいただいたことがあります。
「昔話などでパロディをやるときはアイデアが枯渇している時だ」
・・・怖ろしくも破壊力のある言葉でした。爾来、肝に銘じております。
が、パロディものはまだいくつか抱えてまして・・・。
では、これからもどうぞよろしくお願いします。

この話のタグ

次の話