先生のメガネからみえる優しい世界

  • 栗生つぶら

  • ソルマーレ編集部

坂ノ上小町、はたち。バイト歴10日、いいつけが守れません。だって、気になるんだもん…日当たりのいい、窓側の特等席にいる彼が―…。私は今、バイト先(カフェ)に長くから通う常連さんで、とある人気コミックを執筆している漫画家先生に夢中です。てんちょーに怒られても、諦めずにこっそりと覗き見るのだ。やっぱり今日も先生の描く世界は、愛にあふれてる。大好き。先生の作品も、先生自身も。あの気だるげな目で、見つめられたい。知りたい、先生の考えていること、見えている世界。先生、どうしたら私はあなたの特別になれますか―…? 【オヤジズム】この作品は月刊オヤジズム2015年Vol.12に収録されています。

「ホーム画面に追加」するとすぐアクセスできるよ!

コインが不足しています。購入しますか?

このエピソードを読むにはログインが必要です。

coin 所持