彼の飼い方

  • 磐井ユタ

  • 松文館

年下の男なんて、手なずけやすいペットと同じ。そう思って瑞樹の誘いに乗ったんだけど、隠していた牙と爪であたしを襲っ
てきた。手錠で拘束され、身体をいじり回されて、写真まで撮られそうに…。泣き出したあたしに、「話がしたかっただけな
んだ。こうしなきゃ、居てもらえないから」そう言った瑞樹。淋しがりやで孤独な少年の熱狂…。いいよ、手なずけようとし
たのが間違いだった。さみしいのなら、あたしが愛してあげる。
「彼の飼い方」他に「真夏の秘密」「真昼の秘密」「本気の秘密」「甘いのちょうだい」「ひとりとふたり」「徒恋」を

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持