保健室は背徳の檻(単話版)

  • 百山ネル

  • ぶんか社

「先生、そんなに喘ぎ声だすと、ドアを開けてだれか入ってくるかもよ?」大学の保健室で働く私には、秘密がある。過去、働いていた病院での、年の離れた医師とのセフレ関係。それから逃れたくて、この保健室に逃げてきた。けれどある日、保健室にあのセフレの息子がやってきて「父親との秘密を知っている」と私を脅迫してきて……。背徳関係に溺れていく、禁断エロス! ※この作品は「無敵恋愛Sgirl 2016年11月号」に収録されております。重複購入にご注意下さい。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持