爪と棘 埋火

  • 宮城とおこ

  • 大洋図書

高遠一臣は、腹違いの兄・七尾柊司に会うために東京の大学に進学した。
幼い頃、柊司に傷つけられたこともある一臣にとって、柊司は忘れることのできない存在だった。
でも……、見つけ出した柊司は幼い頃の印象とはまるで違っていて!?
コミックス『爪と棘』のふたりの再会前、
そして、恋人になってからのふたりを描いた『埋火』が待望の配信スタート!
※このお話は『ihr HertZ 2015年7月号、9月号』に掲載された作品です。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持