君がいつか見た景色。

  • 深山木

  • ソルマーレ編集部

『下着なんて最初からつけてないんだもの、あなたと会った時からずっと』試してみる?なんて彼女は、滴る汗で透けた制服を着ながら俺に近寄る。どうしてこうなったんだっけ――…。俺は絵を描くことに対して、まさにスランプに陥っていた。気分転換にスケッチブックを持って部屋を飛び出して、彼女に会った。彼女・凛は不思議な少女だった。年齢もどこに住んでいるのかも知らない。でも、目が合った瞬間、どうしても惹かれたんだ…。そしてどういうことか俺の家に連れて帰ることになり―…!? 人嫌いな美大生と妖艶な美少女が繰り出す、少し不思議でエッチな物語。【本作品はコミックシーモアTLマンガ大賞・シーン賞受賞作品です】【リア×ロマ】

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持