今宵、君に酔う。

  • 日輪早夜

  • 芳文社

広告代理店に勤める碓氷は、失恋してヤケ酒した翌朝、全裸で見知らぬ男のベッドにいた。唇には、ベッドの主・永岡とのキスの感触が残っていて--。思わず逃げ出した碓氷だが、サウンドクリエーターである永岡と仕事の場で偶然再会してしまう。「取引先の相手とは寝ない主義だ」警戒する碓氷に、そう告げる永岡だったが…。本気だから、思春期のように歯止めがきかなくなる。大人のエロティック恋愛シリーズ★

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持