花の蜜籠り

  • 夏生恒

  • 笠倉出版社

三年ぶりに故郷へと戻った花依はかつての恋人晶と再会した。因習の残る田舎でお屋敷に住む彼との恋は誰にも言えない秘めやかな関係。未来のない恋に絶望して逃げ出したのは花依だった。過去の一方的な別れを責められ、乱暴に抱かれる。離れていた三年間、何度も想像した身体。もう一度会えたら、もう逃げられないと思ってた。自分に向けられる執着を悦びながらも約束された別れの予感に震えるこころ。閉ざされた部屋の中でずっと愛し合えたならいいのに…。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持