ハイウェイ、夜が明けたなら

  • 日生佑稀

  • 笠倉出版社

千鶴が好きになったのはバイト先のコンビニの常連客、背の高いトラックドライバー。名前も知らないあの人はいつもどんな景色をみているんだろう…。表題作、千鶴の片思いを描いたセンシティブストーリー「ハイウェイ、夜が明けたなら」他、3本を収録した乙女ゴコロ、揺さぶる短編集。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持