悦楽の檻

  • 花李くる実

  • 笠倉出版社

「メイドのくせに、主人にねだるなんてイヤらしい女だな」メイドとして働く香代にとって、主人である司郎は遠い世界にいる人だった。けれど偶然見てしまった司郎のつらそうな表情に香代の心は惹きつけられる。あのひとの為に、何かをしてあげたい――…。そう思った香代に司郎が望んだことは……。穢れを知らなかった身体は、司郎によって暴かれていく。こんなこと許されるはずがないのに、香代は与えられる快楽に溺れていき……。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持