朝まで密着、裸でとろける車中泊

  • 小波涼

  • スクリーモ

「もっと暖めさせろよ」狭い車内で求められ、抵抗するはずが受け入れてしまった夜。押し付けられた熱い舌と指で濡らされて…!!エリート営業マンである同期のドライバー役として急遽営業先へ同行したある日の事、トラブルで動かなくなった車のなかで2人は一夜を共にする。いつもはイジワルな彼の優しいキスと愛撫。つかの間の関係に思われたが、この夜がきっかけで2人はコンビを組む事になってしまう。距離が近付くほど彼の優しさを感じ戸惑う瞬間は増えていく。気まぐれの優しさを咎めると出張先の旅館で組み敷かれ――

「ホーム画面に追加」するとすぐアクセスできるよ!

コインが不足しています。購入しますか?

このエピソードを読むにはログインが必要です。

coin 所持