兄弟日和

  • つげ雨夜

  • 海王社

6年ぶりの兄の帰郷。大学進学とともに家を出て、一度も帰省しなかった兄との再会に、距離感がつかめなくて緊張する宏太。…しかし、兄からの突然のキス。宏太は思い出した――。オレは前から、ずっと前から、兄ちゃんのことが好きだった。幼かった嵐の日、小さな手で兄にすがり、必死に唇を押し付けた。兄弟であるかぎり、恋をしてはならない。一緒に育ったはずの兄弟なのに、今は他人より遠い…。もう抑えられない――。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持