能ある鷹は性癖を隠す▼

  • 藍井こたれこ

  • ソルマーレ編集部

弾む後頭部が色っぽくて―…。表情豊かで生粋のゲイである小鳥大智は、自身が通っている整骨院の医師・鷹城に恋をしている。そんな小鳥のキモチも知らず、鷹城は会うたび毎回小鳥に触れてくる。その度にドキドキして、期待して…恋する心が痛む…。優しくてカッコよくて、大人な鷹城…だけど彼は、「骨」をこよなく愛する凄く変な人だった!? 「小鳥のソレ(理性)を止めなければ触れてもいいというこうとなのか?」身体目当てより、たちが悪い彼に小鳥の理性は切れてしまい―…!? 変人整骨院医師×不憫なナチュラルボーンゲイの胸キュンエピソード!! 止められないってのはな…こういうことなんだからな…っ!? 【フィカス】

この作品は巻単位でも配信されています。巻一覧へ

この作品は巻単位でも配信されています

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持