花がら摘み 下

  • ツバダエキ

  • ふゅーじょんぷろだくと

【可愛がっているつもりの後輩に、想いがなかなか通じないα。】気持ちと行動がから回る攻め×一生懸命な努力家の受け。会社で再会したのは、学生時代によく面倒を見ていたアイツ。いつも何かと放っておけない心配な存在。――"「魂の番」なんて、そんなのは嫌だ。"仕事ができる、エリート、優しさが伝わりにくい、α…それが皐月 菖蒲(さつき あやめ)。会社で再会した学生時代の後輩であるΩ・霜月 柊(しもつき しゅう)。近くにいるとどうしても自分が彼を守らなければという気持ちになってしまう。社内でもパートナーとして側にいようとするが、どうにも上手く立ち回れない。 ずっと大事にしていた、だけど自分はαだった。人は人を感情で選んでいるのだと、そう信じたい――。 ※本作品はアンソロジー『オメガバース プロジェクト-シーズン5-』シリーズにて、連載された作品をコミックス化したものです。重複購入にお気をつけ下さい。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持