背徳の婚姻

  • 浅見茉莉・蝶野飛沫

  • 乙女ドルチェ・コミックス

突然に求婚、独占欲に翻弄され誘惑された彼女は…?
「俺はおまえを妻にする」ヴィヴィアンは社交界デビューした日、両親から自分が家族と血が繋がっていないことを知らされる。そして、兄と信じて疑わなかったアンドリューから求婚をされて――。けれど、戸惑う彼女は「お兄さまは、お兄さまよ!」と彼との結婚を拒否してしまう。しかし、「おまえを手に入れようとしているひとりの男だ」とアンドリューに囁かれ、夜毎与えられる甘く激しい愛撫に蕩かされていく。彼の愛の言葉に次第にヴィヴィアンは身も心も昂ぶっていくのを感じはじめて……!?
★ヴァニラ文庫のコミカライズ版★

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持