団鬼六原作劇画集成

  • 団鬼六・沖渉二・笠間しろう

  • グループ・ゼロ

【劇画篇】花巻一家に草鞋を脱いでいた緋桜お柳は、対立する宮松一家の賭場に乗り込み、縄張りを侵した咎で親分の指を詰めさせた。お柳が旅立った後、宮松は花巻一家を潰し、娘の千代を淫靡に弄ぶ。救いに戻ったお柳も捕らえられて…。「緋櫻地獄」他に「白獸の檻」「卑怯侍」「縄地獄」「穴倉令嬢」 【随筆篇】鬼六談義1~4を収録。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持