愛だけが欲しかった

  • 摩耶薫子・倉科遼

  • 松文館

「ホントは痛いことも多いし、そんなにセックスが好きなわけじゃないんだけど…ケンが喜んでくれるから……」行き場の無い日々…。リコはケンと出会い、まもなく愛するようになっていく。ケンとの時間だけが本物の時間。彼が望むなら、どんな事でも…それがリコの望み。だが、そんなささやかな幸せは長くは続かなかった……。(フルカラー作品)

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持