琥珀(こはく)色の誘惑

  • 蜜橋アザコ

  • 秋田書店

細い路地に入ってしばらく進み、右に曲がって左に折れて、また左。そこにとっておきの珈琲(コーヒー)店がある。道に迷ってたどり着いてから、すっかり私はトリコになってしまった。店が素敵なのはもちろんのこと。もっと素敵なのは店主の武林さん。あまりに好みでひとめぼれ。そんなある日、彼が珈琲の勉強会を開いてくれることになって…? ※この作品は雑誌「恋愛LoveMAX」「恋愛チェリーピンク」に掲載されたものを再編集したものです。デジタル配信版の雑誌「恋愛 LoveMAX」「恋愛チェリーピンク」をお求めになった方は、コンテンツ内容が重複する場合がございますので、ご注意ください。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持