お気に召すまま仰せのまま

  • 樹要

  • 大洋図書

「ちょっとおれの指 舐めてくれない?」

名門・四宮家の次男・光貴には、同い年の従者・崇臣がいる。

従者兼ボディガードの崇臣は、

光貴の朝の目覚めから夜眠るまで、いつも一緒だ。

ある日、クラスメイトからエッチの気持ちよさを聞いた光貴は

ためしに指を舐めてほしいと崇臣におねだりして……!?

好奇心から始まったふたりの関係は?
【電子限定のおまけマンガ(4P)を巻末に収録配信!!】

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持