空想カレシ

  • ゆうき

  • 一迅社

大好きな水谷先輩が記憶喪失になった。病院で目を覚ました先輩は、友達のことも恋人がいたかも忘れている。『それなら…嘘を吐いてもいいんじゃないかな…?』そう思って、僕が先輩の恋人だって言ったら先輩も素直に信じてくれて…。どうしよう、もう後戻りできない。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持