ひるがお

  • 艶々

  • 双葉社

老舗温泉旅館・相羽苑の幼き跡取り息子・相羽陽(あいば・はる)。少年の彼は、「母親の"あの行為"を覗く」ことに夢中になっていた。女から牝へと変貌を遂げる母は、いつも快感に身を委ねて嬌声をあげていた。旅館の女中頭や、たまに帰る父親。大人たちが見せる昼の貌と夜の貌に、陽少年の心と身体は…。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持