きっと恋になる

  • かむ

  • 一迅社

それは、いけない熱を持った好意だった――智行は、3歳年上の兄・光由のことが大好きだ。だがその"好き"がどういう意味を持つかを自覚し、兄を避けるようになる。そんな智行に気づき、大学進学とともに家を出た光由が久しぶりに実家に帰ってきたことで、智行は自分の感情を抑えることができなくなっていく…。離れないで欲しいと思うのに、自分の気持ちが相手を傷つけてしまう…お互いを想うからこそ、身動きが取れなくなる。あたたかく優しい恋のお話、まとまりました。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持