野干~お狐さまの言うとおり~

  • 三田六十

  • 双葉社

「本能のまま、僕は最奥を許したのです――――」
酔った男はバーのマスターに不思議な話を聞く。店から油あげを盗んだ狐とマスターが関係をもったというのだ。ホラだと思いつつ男はかわいいマスターに魅せられて…。辺鄙な温泉地で繰り広げられる淫靡なあやかし奇譚。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持