視線の虜

  • 滝端

  • 一迅社

俺は一般企業に勤めながら、夜は「女装バー」で働いている。客の視線を浴びる快感を求めて、気づけば今夜も店に向かっていた。ただのおじさんが、女装しているなんて知られるわけにはいかない…。そう思っていたはずなのに、異動してきたばかりの部下・本藤に女装姿を見られた俺は、高まる気持ちが抑えられなくて―。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持