俺に愛されなさい~ご主人様の溺愛性活~

  • かねたひと美

  • 秋田書店

「愛しても愛しても愛し足りない」 力ずくでもいい。おまえに「好き」と言わせるためなら。俺のために傷ついて泣いてくれるのがうれしいんだ…。「そんなに俺に奪われたいのか」 両親を事故で亡くして身寄りのない私は、幼なじみの家に使用人として引き取られた。私の役目は幼なじみの身の回りのお世話をすること。幼なじみに恋をするなんて許されない贅沢(ぜいたく)。だから私は他の男の人とつきあうことにした。でも幼なじみの彼はそれを許さず私に力ずくでえっちなことを…? ※この作品は雑誌「恋愛LoveMAX」「恋愛チェリーピンク」に掲載されたものを再編集したものです。デジタル配信版の雑誌「恋愛LoveMAX」「恋愛チェリーピンク」をお求めになった方は、コンテンツ内容が重複する場合がございますので、ご注意ください。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持