偽りの花嫁

  • 夏生恒

  • 笠倉出版社

灯りのない真っ暗な部屋で今夜も抱かれる"花嫁"。切なげな声が呼ぶのは"わたし"じゃない。暗闇で触れる指も唇も彼――東馬(とうま)さまの奥さまのもの…"わたし"の務めはただ体の弱い奥さまの代わりに世継ぎを生むことだけ――秘密を抱えた"初夜"は思いがけない執着を生んで…衝撃的なドラマティックラブストーリー!

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持