罪という名の恋

  • 井崎たくみ

  • 笠倉出版社

風に飛ばされた絵を拾って怪我をした椿は、絵の作者・高臣の家に招かれる。その時だけのつもりが、訪ねるたびに仕掛けられる悪戯が楽しくて、その後もつい何度も訪れてしまっていた。高臣は椿の家にとっては天敵と言える鴻家の息子。こんな風に会っていることなど本当は許されないのに、高臣と過ごす時間が椿にとって大切なものとなっていて…。許されない恋に身を焦がすドラマティックラブストーリー。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持