お義父さんは昨日、わたしを抱いた。

  • 黒之響

  • モバイルメディアリサーチ

小さい頃に両親が亡くなり、ひとりぼっちになった一夏。父親の親友・祥平が親代わりに一夏と一緒に暮らすことになった。門限や友人との付き合いに厳しく言われ続ける一夏だけれど、とても愛おしくて大好きなお義父さん。ある夜、珍しく飲んで帰った祥平は乱れた髪ですっかり別人だった。一夏を見ると、「俺だけのきみでいればいいのに」と、激しいキスと舌を入れられ、狂ったように一夏のカラダを貪る…!ちゃんと、私を求めてくれてるんだよね…?

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持