まっしろΩを拾いました。【単話版】

  • 水稀たま

  • 芳文社

小説家β×記憶をなくしたω。夜間のコンビニからの帰り、たちの悪い連中に絡まれるωに遭遇したβの冬馬。逃げる際、階段から転落し記憶をなくしてしまったωにユキと名付けて引き取ることにした冬馬だったが…。「とうま……オレ…体が…っおかしくてっ」ユキの突然の発情期(ヒート)に冬馬は!?(※電子雑誌「kyapi!」vol.19に掲載された「まっしろωを拾いました。1」と同内容です。)

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持