キミがスキ-エモくて激しいあの日のえっち-

  • じょろり

  • ナイトコミック

最高気温40度近くの猛暑日、受験勉強の息抜きに彼氏を夏祭りに誘う彼女。人混みが、と渋る彼だったが、二人の時間が欲しい彼女は自分の部屋から花火がよく見えるからと必死に訴える。じゃあ夕方にと約束し、可愛い浴衣を身に纏って彼氏を出迎える彼女。部屋で二人きり、たこ焼きを食べ時々ふざけながら過ごしていると…花火が始まった。思ったより近い、そう伝えようと隣を見たとき、花火を見る彼女がとても綺麗で──。見つめ合い、お互い顔が熱くなったのがわかったとき、彼女はこう言った。「今日ね…親──…帰ってこないんだ……」浴衣をはだけさせ、きれいな胸をあらわにした彼女は、彼の手を掴み自分の元へ引き寄せ……

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持