文豪に取材でたっぷり抱かれています~古民家、ふたりぐらし

  • 一条ゆうき

  • forcs

「コーヒーよりも目が覚めるようなキスはいかがかな?」…ダメです、そこは!読書が大好きな看護師ゆりは、本の置き場のために古い京町屋を買ってしまう。そんな家に憑いていたのは昭和の文豪で地縛霊の安堂仁(じん)。戸惑うゆりだったが恋愛小説家デビューの夢を叶えると約束され、その晩から取材という名目でエッチな洗礼を受けることに。快感でとろけていく時にどんな顔をしているのか、オレに見せてくれないか?恥ずかしいところ、とろとろなカラダ、濡れて淫らになるゆりの全てを…。男性描写の引き出しが少ない私に、憧れの文豪から気持ちいい手ほどきで開発されちゃいます!?

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持