官能小説家の蜜色お伽話 今宵、先生は情欲を綴る

  • tsugumi

  • ぶんか社

「さっそく 君の物語を始めようか」
女優の道を諦めた綾乃だったが、この度仕事も辞めざるを得ない状況に…。
社宅も出なくてはならず、どうしようかと思っていた矢先に、目の前に突然現れたのは綾乃の処女を買うとのたまう変態で官能小説家の右京。
話を聞くと彼は自身の『ミューズ』を求めているようで…?
売れっ子官能小説家×夢を諦めた元女優の甘く胸を締め付けるラブストーリー

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持