スキのカオリ ーえっちな気持ちが抑えられないっ!ー

  • しのづかあつと

  • ナイトコミック

大財閥のお嬢様、梅ヶ丘薫子に突然交際を申し込まれた俺。突然なぜ…こんな平凡な俺が!?と思っていると、どうやら彼女は極度の匂いフェチらしい…。俺のニオイが好みドンピシャだったらしく興奮している彼女は、俺のニオイを嗅ぎまくる。「ここの匂いが特に素敵な感じ…」うっとりする彼女は俺のアレをズボンから取り出し、こすりつけて可愛がりまくってきて…!思わず射精してしまった俺に、彼女はスカートをたくし上げて…私の匂いも嗅いでくださいと言い出して…!?

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持