「まだ半分も挿ってないよ」 義兄のアレは30㎝~姉夫婦と同居中、変態夫に調教されました~

  • 久保しゆん

  • カゲキヤ出版

「1人でエッチしてたのは…僕のコレが欲しかったからでしょ?」私に覆い被さってきた義兄は、勃起したペニスをあらわにする。それは蛇のように長く、大きく反り返って…見たこともない卑猥なカタチをしていた。「それじゃ挿れるよ」私を四つん這いにさせ、後ろから挿入してくる義兄…まだ半分も挿ってないというのに、今まで届いたことない部分を刺激され、私は膝がガクガクするほど感じてしまい…――大学進学のため上京した私は、姉夫婦のマンションに居候していた。ある晩、私は偶然、姉夫婦のセックスを覗き見て…義兄の異様な長さのアレが頭から離れなくなってしまう。ムラムラを解消したくて、私は頻繁にひとりエッチするようになり…。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持