初恋処女は白銀獅子の熱を宿す

  • 雨砂糖

  • 黒ひめコミック

「お前のカラダ…どこもかしこも甘い味がする…っ」
大学で動物学を学ぶ鈴(リン)には、夢があった。それは、幼いころに自分を助けてくれた白銀のライオンと再会すること。その願いは、サファリパークと大学の提携という偶然で叶えられることに。無邪気に喜ぶ鈴だったが、ライオンにはとんでもない秘密があった。
「ら…ライオンが、喋ってる!?」
どういうわけか、獣人の姿へと変貌したライオン。彼は『唖白(アシロ)』と名乗り、鈴へ激しい欲情をぶつけてきて…。牙がのぞく大きな口に、分厚い舌。ふさふさの毛に覆われた、たくましい腕。人ならざるモノに本能のまま犯されているのに、その熱がもっとほしくなっちゃって――!?

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持