囚ワレ婚~嘘から始まる溺愛生活~

  • 高橋依摘

  • 小学館

「いいよ、すごく締まってる。俺も気持ちいい…」
■名門財閥系2大グループ・東家と西家は、長年争い合う敵同士。そんなある日、西家から和解が申し込まれた。だが和解の条件は、娘を妻(という名の人質)として差し出すこと。どうにか不毛な争いを終わらせたいと願い、嫁ぐことを決意する莉々奈だったが……「お前はこれから敵の男に無茶苦茶に犯される、それが現実だ」冷たい言葉とともに落ちてくる甘いキス。「初め???なら、もっとじっくり濡らしてやる」敏感にふくれた蕾を舌先で転がされ、器用な指にねっとり奥をかき回されて……うそ、「敵の男に犯される」って、痛いんじゃな???夫となった義一郎の本当の顔に、心は揺れて……。「義一郎さんは、私を陵辱す???それとも心が通じ合う優し???どちらが本当のあなたな???」

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持