ぬるキュン初恋マッサージ~お客様にイかされるなんて…いけませんっ!~

  • 澤村鞠子

  • 小学館

「ココも…だいぶ滑りが良くなりましたね。すごく熱くなっている…」高級リラクゼーションサロンを経営する愛花には、悩み事があった。それはお得意様の東海林さんが、盗むようにキスをしてくること。寡黙な東海林さんのやさしい表情――(でも、絶対にダメ……お客様を好きになるだなんて!)本当は私が東海林さんを癒やさなくちゃいけないのに、いつの間にか立場逆転!?とろとろオイルで全身を攻められて…だめ、イクの我慢できない…っ!「大丈夫。リラックスして、もっと感じて…」

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持