妖精のおしり

  • 日野雄飛

  • 双葉社

【悶々しがちメガネ小説家×褐色むっちり人外】
――このままでは確実に"ほだされて"しまう!!
ブレイク前の小説家・生越壮は、海外旅行先で"理想のおしり"をもった褐色肌の好青年・キランと出会う。
帰国後、家に押しかけてきたキランは「自分は妖精リャナンシーだ」と語り、昼の家事から夜の情事まで世話を焼くように。
ベッドで吸い付くような桃尻を愛でる度に、スルスルと良いネタが浮かんでくることを不思議に思う壮。
ネットで調べると、リャナンシーは「生命と引き換えに才能を与える妖精」のようで…!?
体を重ねるほど幸せと不安が募る…でも止められない!
愛と才能と性欲の狭間でゆれる、官能あふれる同棲ラブ!!描き下ろしも収録。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持