オオカミ様と甘い契り~獣欲に抱き尽くされる溺愛初夜

  • 高山千

  • Bevy

「そんなに喰われたいなら、望み通り喰ってやる」明治時代、とある山奥の農村。村娘のマツは物の怪に喰われそうなところを狼の獣人・マカミに助けられる。獰猛な見た目に反して優しく紳士的なマカミに心を許していくマツ。しかし、ふいに漂った血の匂いで興奮した彼に組み敷かれてしまい…。牙に貫かれる寸前、本能に抗い自らを傷つけ耐えようとする彼を前に、マツは思わず手を伸ばす。絡みつくような視線と甘いキス。熱い舌先で奥まで激しい愛撫を受けたら、恥ずかしくてたまらないのに…どうしてこんなに気持ちいいの…?「どんどん蜜が溢れてくる」濡れた音を響かせて丁寧に解されたアソコに、太くて硬い熱が奥まで挿入ってきて――。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持