めちゃくちゃ喘がせていい?~変態エリートの執拗愛撫で声止まんない…

  • 高田

  • Bevy

「もっと声聞きたい…めちゃくちゃ喘がせていい?」ある日の仕事帰り、道で困っていた男性の手助けをしたolの音葉(おとは)。子供っぽい自分の声にコンプレックスが有るので、声は出さずニッコリ微笑んでその場を去ったんだけど…。助けた相手は同じ会社のイケメン社員・渡貫で、なぜか気に入られて翌日から猛アプローチを受けることに。自分が嫌いな自分の声すらも「好きだ、可愛い」と絶賛の嵐で…この人ちょっと変態?でも自信がない音葉をいつも全肯定なうえ、同僚の陰口からも守ってくれて…。おまけに、ちょっとしたことで彼の嫉妬心を煽ってしまった音葉は誰もいないオフィスで押し倒されてしまい!?敏感なところを指でこすられ、熱い舌をナカにまで挿れられたら…声を我慢するなんて無理!どうしよう、止めなきゃいけないのに興奮した顔で執拗に愛撫されたら抵抗できなくて――。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持